仮想通貨NAVI 仮想通貨の運用・ビットコインやイーサリアムの最新情報

仮想通貨の運用・ビットコインやイーサリアムの最新情報

Bitcoin フィンテック ブロックチェーン

フィンテックってどういう意味?

投稿日:

FinTech(フィンテック)

ブロックチェーンやビットコイン案件を取り扱っていると
時折耳にするこの「フィンテック」というキーワード。
正しい理解をしている人はまだまだ多くないので
この機会に解説しようと思います。

フィンテックという単語

フィンテックは、英語で書くと
FinTech」と記述します。
これは、「Finance(金融)」と
Technology(技術・テクノロジー)」の
融合語です。

日本語では、金融テクノロジーという呼ばれ方をしたりします。
そのまんまですね。

要は最新技術と金融商品や決済の融合を指すものです。

具体例を上げて見ていきましょう。

 

スマフォ決済

最新版のiPhoneにもSuicaが使えるようになりましたね
クレジットカードを追加して決済することも可能です。
このようなモバイル決済も、フィンテックの代表例です。
従来はクレジットカードを読み込む端末が必要でしたが、
スマフォの電波を使用して決済処理が行えるようになったことは
非常に大きな話題となりました。

仮想通貨・暗号通貨

一番有名なのは暗号通貨のビットコインです。
ビットコインは、実在の通貨(硬貨や紙幣)を持たない通貨です。
すべてはブロックチェーンという仕組みを使い、
ネットワーク上で完結します。
こうして見ると、TポイントやPONTAカードのようなもの?
というイメージもしますが、似てるようで異なります。

通貨として必要な要素をすべて兼ね備えているので
多くの起業やサービスで爆発的に利用者が増えている通貨です。

まとめ

ここまででなんとなくイメージは湧いたでしょうか?
フィンテックという単語がしっかり理解できていないと
何か困るということはないでしょうから、
投資仲間との話のネタにという感じで頭に入れておくと良いと思います。

-Bitcoin, フィンテック, ブロックチェーン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビットコインと税制

ビットコインと法人税・税金について

本日は最近話題になっているビットコインの 税に着目して、課税関連の内容を紐解いていきます。 目次1 ビットコインに関する法整備2 資産として捉えた場合「何資産」にあたるのか2.1 消費税について2.2 …

no image

6/30 15時確認 14o41復活。メンテナンス終了しました【最新情報】

仮想通貨投資家の皆様こんにちは。 田中ひろしです。 数日前からメンテナンスに入っていたOne for all for One(以下、14o41)ですが、 先程確認したところ、メンテナンスが終了していま …

BTC.com、Krakenと提携してWallet In Bitcoinの購入を可能に

中国最大の鉱業プールと人気のあるBitcoinウォレットの後ろにある同社は、BTC.comウォレット内からビットコインを直接購入できるよう、Bitcoin Exchange Krakenと提携していま …

One for all for Oneの未来と安定性

One for all for Oneについてご紹介します。 目次1 One for all for Oneの安定性について2 BitRegionの負の連鎖と現状2.1 原理は単純明快。PHとGHのバ …

14o41飛んだ?

14o41飛んだ?

2017年6月27日現在、14o41はメンテナンスに入っています。 結論から言えば、タイミングから見ても心配はないでしょう。 ここ数日、ビットコインそのものが値下がりしていますから 以前よりは運転は楽 …

14o41参加はこちらから

6/30 14o41稼働中!
14o41参加は、必ず以下をクリックしてから。
URLに誤りがあるとうまくいかない事例があります。

https://14o41.com/

登録方法はこちら

登録後配当受取までの流れはこちら

LINE@はじめました

最新情報などを配信していきます。
個別の質問も受け付けています。
ぜひ友達登録お願い致します。